忍者ブログ
2017/08/24 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/11/06 (Sat)
会社でちょっとミスってしまって…今週末は気を落としていたんですが…。
やっぱり行ってしまいましたw
もう行かずにはいられない身体になってしまいました。


前回芦屋でボウズをくらっていたので、それのリベンジということで。
芦屋は異常なまでの混雑ぶりで、ストレスがたまるので、人の少ない深江浜に行ってきました。

釣り場には深夜2時前ころに到着し、さっそくスタートです!

ほとんど風は感じられず、海はベタ凪。
潮はほとんど止まっています。

若干波があるくらいが良いんですけどね。
まぁそこは誘いをかけてカバーすればよいか。

こまめに誘いを入れつつ、打ち返します。

しかーし!まったく反応なし。。

前回の深江浜で爆釣した時は2時過ぎから
ちょこちょことコンスタントにあたりはあったので今回も期待していましたが、
一切反応なし。。

暇なのでテンヤ仕掛けをセットして投げます。
しかーし!こちらも反応なし。。

夜明け前の時合いに期待してその時を待ちます。


4時半頃、少し目を離している間にウキが入ってます!!
しかもウキはまったく見えないくらいに消し込んでいました。
あわてて糸をはるとコツコツ!
ウキの消し込みからして活性が高いと読み、
竿先をひったくられるようなアタリはまだ出ませんが、
思いきってアワセることにしました!

空振り!!

しかしまぁ何でこんなに空振りばっかりするんでしょうかねぇ…。

さぁ、これからが勝負!と意気込むも、アタリは続かず。
その後、5時になるも時合いに突入する気配はなし。。

ルアーの人が数人やってきます。

僕もあまりにウキに反応がないので、テンヤを投げることにしました。

そして数投目!! ごつんっ!!!

掛かりました!そしてわりとデカイ!じりじりとドラグから糸が出ます。
(ドラグはゆるめにしてただけなんですけどね。)

途中で軽くなり、焦りますが、これはタチウオ特有の現象。
糸を引くほうに魚が向くと抵抗がほとんどなくなり、すごく軽くなります。

手前まで寄せてきたところで最後の抵抗で締め込んできます。

難なく抜きあげ成功。
なかなかのサイズです。指4本はありました。

テンヤをやっている横で流してあったウキのほうも、2、3回入りますがこちらは
キビナゴをかじられて終わり、とか
アワセを入れるも乗らないとかばっかりです…。


テンヤのほうはというとその後もアタリがあり、1バイト1ゲットという効率良い釣りとなります。
2本追加です。しかしサイズが小さい!
こんな小さいのがウキの方のキビナゴにかじりついてるんだろうなぁ、という感じでした。

d611d0ce.jpeg夜が明け、どちらにもアタリはなくなり、納竿としました。
結局ウキのほうはボウズ、テンヤで3本でした。


テンヤとかワインドのあの「ごつんっ!」というアタリ、なかなか楽しいですね。
ウキはうまく掛けられれば楽しいですが、小さい群れしか入ってきていないときは
エサをかじられるだけで乗らない、というのばっかりでストレスがたまります。
もう少しして固体が大きくなってくればそんなことも減ってくるのかな??


今後に期待です。
しかし、今日も寒かった…。
防寒対策、トップレベルにもっていかねば。厳戒態勢!
PR
2010/11/03 (Wed)
今日はまたもや会社の上司、スーさんとタチウオ釣行に行ってきました。
場所も前回同様、南芦屋浜。

深夜2時に集合します。
この時間でもベランダ南面はすごい人!西から東の端までけっこう詰まってます。
東の端を曲がってすこし進んだところのコーナーあたりから空いています。
釣り人に状況をリサーチすることにしました。
1人目。
0時くらいから来ているが、立て続けにアタリがあり、
すでに2本釣ったとのこと。

2人目。
「もう何匹釣ったかわからんわー」
とスーパーの袋に山盛り入っていました。
22時から釣っているとのこと。

3人目。
「今来たとこですわ」

ということで1人目と2人目の間にスペースがあったのでそこに釣座を構えることに。


開始して30分くらい経過した頃、まずは僕のウキが入ります。
前回スーさんと来たときは2人ともボウズだったので、なんとしても1匹はゲットしたい!
という思いからかなり慎重にやりとりします。

が、空振り!!

待ちすぎたか…。

その後、1回空振りした後、3回目くらいでようやく針がかり!
ようやく1本ゲットです!! …と思ったら、、引き抜く時に目の前でポチャンっ!
ぬぅあああーー!!痛すぎる…。。
芦屋のベランダは結構海面が下なので抜きあげるのが不安だったのだがその不安が的中してしまった。


スーさんの方はというと、
ウキが入るも、エサをごっそり取られる、
というのが2回ほどありました。
1本針を使っていたので、十分に食い込ましてからアワセたほうが確実だと思い、
「もうちょっと待ってください」と横からアドバイスをしていたのだ。
しかしそれがあだとなり、エサを取られてしまってアワセをいれられないという結果に…。

しばらく打ち返していると、ボートが通り、その波でウキが上下に大きく揺れる。
が良く見るとなにやら入っているような気が…。
しかも僕のとスーさんのと両方入っているような気が…。

少し距離があいていたはずの2つのウキがなぜか近寄って、
あれ?あれ?絡まった??
といいながら両者糸を巻く。

確かに絡まってはいるのだが、スーさんのウキが見えないまま。

「お!!掛かってますよ!」

なんとスーさんのほうはタチウオが掛かってました!!
初タチウオゲットです!!

一気にテンションが上がる!

その後、僕が空振りを何回かしている間に、
となりではなにやら糸を巻いて竿を曲げています!!
「掛かってますやん!!」

引き抜きもうまくいき、スーさん2本目ゲットです!
すごい!
ウキが入って結構すぐにあわせたらしいです。
僕がアドバイスしないほうが釣れたということになります…。
釣ってもらえて嬉しかったのですが、ちょっと凹みました。。

この時、時間は4時過ぎくらい。

夜明け前の時合いが来る前に2本とは、この後どうなるんだろ!
と期待します。

時合いに合わせて人が続々とやってきます。
続々と。そして続々と。。
人を避けてかなり東までやってきて釣座を構えたのに、
もう満員状態。そこ入られへんやろー、ってスペースのところにも入ってきてウキを流しはります。
ものすごく釣りにくい状況。


ウキは沈みません…。
ようやく1回入るも、空振り…。

結局時合いは来ずまま、夜が明けてしまいました…。
5時台、周りでもほとんど釣れてませんでした。


ボウズ決定!
疲れの波がどっと押し寄せてきます。。
というのも、昨晩仕事から帰ってきたのが23時。
ご飯を食べて少しだけ休憩してそのまま家を出ました。
最初はテンションが上がってたので疲れは感じませんでしたが、
夜中は底冷えするほど寒く、、僕のスーさんへのアドバイスは裏目に出てしまい、、しかもボウズ。。
夜が完全に明けた頃には放心状態でした。

まぁ、スーさんが釣れたので良かったです!釣れてなかったらと思うと、ぞっとしますが。


夜が明けてから少しだけやったサビキで釣れたアジを3匹だけもって帰りました。
南蛮漬けおいしかったです。


しかし、先週末の爆釣のときにつかんだ"何か"が
今回完全に通用しなかったのも凹むところだ。
まぁ今日は運が悪かったということで。

また次ぜったいリベンジしてやる!!



2010/10/31 (Sun)
深江浜再び。

先週はかなりアタリがあったのに針掛りまで持ち込めたのが2匹だけという
かなり不発な結果になってしまいちょっとストレスがたまっていた。

でもそこで得た教訓を生かして今日はいろいろと改善策を試してきました。

■改善策その1 針を1本針に。
先週はピョコピョコとウキが入るのに、その後食い込まず、本アタリが出ずまま
エサだけもっていかれるというなんとも欲求不満なアタリばっかりだった。

今日は1本針を試してみたが、やっぱり食い込みがよくなったような気がする。
ただ今日の魚の活性がたかかっただけなのかもしれないが。


■改善策その2 ケミホタルを75から50に。
明るすぎるケミホタルはタチウオが警戒してしまう、とのことを雑誌で読み、
今日は一つ小さめの50を使ってみた。
もう1本の竿は75をつけていたのだが、エサから少し離して付けた。
これも雑誌にかいてあったのだが、明るいケミほどエサから離してつけるのが良いらしい。
明るいと遠くからも集魚することができるが、その場合はエサから離してつけるとよいとのこと。
で、結果はというと、確かに食い込みが良かったような気がする。
これもただ今日の魚の活性が高かっただけなのかもしれないが。。


■改善策その3 待ちすぎない
前回は本アタリがでるまで待って待って…、エサをとられる、ことが多かったので、
本アタリがなかなか出ないものに対しては思い切ってブンッ!と
思いっきりアワセを入れることにした。
少なくともエサをかじってるんだから思いっきり合わせたら掛かるんじゃないかと。
結果、わりと打率は良かったように思う。
これもまた、ただ今日の魚の活性がたかかっただけなのかもしれないが。


てなことを実践して、

今日はなんとなんと10本!!
指4本くらいのなかなかのサイズのものも1本あがりました!
101031_0648~02.jpg

爆釣です!
「爆釣」といわせてください!
いままでは多くても2、3匹しか釣ったことなかったんで…。





なんか今日はコツをつかんだ気がした!
ただ今日の魚の活性がたかかっただけなのかもしれないが。(←もうええか)


2010/10/23 (Sat)
今日は深江浜の某所へ。タチウオをやってきました。

芦屋浜のほうでもようやく釣れだしたとのことなのだが、タチウオシーズンは人がはんぱなく多い。
竿を2本出してウキを流そうと思うとかなりきつい。
ということで深江浜の空いている某ポイントへ。

エビ撒きでもチヌでも朝まず目にいくのがほとんどなのだが
今日は珍しく夕まず目の釣行だ。
体力的には楽なのだが、テンションがいつもよりちょっと低め。
夜中に出て行くのってなんかテンションあがるんだよなぁ。


釣り場に着いたのが16時半頃。
人は予想以上に少なめ。
仕掛けを作って流し始める。
ワインドも用意してちょっとやってみるも反応なし。
すぐに日が暮れだし、来るべき時に備えてウキ釣りに集中する。

そしてその時はすぐにやってきた。
5時15分頃、となりのおっちゃんがいきなり1本上げる。
迷わず声をかけてタナを聞く。ここで遠慮して聞かないとその後の釣果に大きく影響するからだ。
1ヒロ半くらいとのこと。芦屋でも2ヒロからそれ以下の浅いタナであたってるとの前情報は仕入れていたので
自分もそれくらいに調整して流す。

程なく、ウキが入ります!
ぴょこぴょこ、びゅーーんっ!
糸をはると、ぷかぁ~っと浮いてくる。

糸を緩めると、またびゅーーんっと入る。

なかなか竿先をもっていくようなアタリはでない。
辛抱できずにあわせを入れる。

ぶんっ!

すかっ!!

素針です…。


気を取り直して仕掛けを打ち返します。
またすぐにウキが入ります!完全に時合い突入ーー!

さっきの教訓を生かし、今度は待ちます。

ウキが沈む → 糸をはる → ウキが浮いてくる → 緩める → またウキが入る →糸をはる

こんなことを何回か繰り返しますが本アタリが出ません。。
3回目くらいにウキが浮いてきてからはもう何の反応もなくなってしまいました…。
仕掛けを回収するとごっそりエサがなくなってました。。

やっぱり難しいな、タチウオのあわせ。


エサをつけて仕掛けを投入。
すぐにウキが入ります!
またさっきと同じく、
ウキが沈む → 糸をはる → ウキが浮いてくる → 緩める → またウキが入る

今度は2日目くらいの糸を張ったときに、グングンっ!とアタリが出ます!
ぶんっ!とあわせを入れます!
重い手ごたえ!

乗りました!!

3回目のあたりにしてようやくゲットです!!
81859a30.jpeg









その後もびゅんびゅんウキが入ります。

しかし固体が小さいのか、エサをかじるだけでなかなか本アタリが出ず、
あわせを入れられずままエサだけもっていかれる、という状況が続きます。

そんな中、本アタリが出ないままあわせを入れてようやく1本追加します。


そして時合い終了ーー!!

あわせを入れられないという消化不良のアタリがおおく、
若干不満ですが、2本ゲットできたのでまぁ良かったです。

時合い終了後もぽつぽつとアタリがありますが、
どれもこれもエサをかじられるだけ。。

もう帰ろうかと思うとウキが入る。
でもエサをかじられるだけ。

21時頃、さすがにもう帰ろうかと思ったら、
となりのおっちゃんがデカイのを上げました!
見に行くとなんと指4本半くらいのかなりの大物!
太いけども長さは短いというちょっと変な固体でしたが。
「ボラでもかかったかなと思ったわ」とのこと。
かなりひいたんでしょう。

こんなん見たら帰られへんがなーー!

しばらく続行です。

その後もプチ時合いが来て3回ほど立て続けにアタリがありますが、
ピョコピョコとウキが沈んで、糸をはるとすぐにエサを離してしまう、
というのばっかりでした。

22時半ころあたりもなくなり、納竿とした。
今日の釣果、
結局時合いの時にゲットした2本のみ。
4896edf7.jpeg









アタリはあるのにその後、食い込まないのは何でなんでしょうね。
2本針を使ってるからかなぁ。
他の釣り人に聞くとやっぱり1本針を使ってるみたいなので次は1本でやってみようと思う。


2010/10/19 (Tue)
有休がとれたら…、
そりゃ行くでしょ!行かない理由が見当たらない!

というわけでこの日はめずらしく平日の釣行となりました。

せっかく平日なので超人気スポットにいきたい。
MAXのWEBを見ていると、兵庫突堤のタチウオがピーク、とな。

芦屋浜で2連続撃沈を食らっているので、それを吹き飛ばすべく、
ちょっと遠いですが兵庫突堤まで行って参りました。


午前1時出発。
前の日、会社から帰ってきたのが23時くらいだったのでもう寝ず、
ご飯だけ食べて出発した。われながらタフだと思う。

初めてのポイントだし、夜中なのでまったく勝手がわからない。
MAXでもらった釣り場ポイントの地図だけを頼りにうろうろ。

平日にもかかわらず、人気のポイントFは入る隙間が一切なし!!
他のポイントも順番に見て回るがなんとなんとほとんど入る隙がないくらい人だらけ。。
平日なのに、、この人たちは仕事してるのだろうか…。(自分もその中の一人なんですが。)

ようやくBのあたりで隙間をみつけ、入れてもらう。


仕掛けをセットして3時頃ようやく釣り開始!!

釣座を探してうろうろしてたとき、釣れてる気配がなかったので少し心配しながら仕掛けを流す。

流れはほとんどなく、憂慮するも、となりの釣座との距離があまりなかったので
頻繁に仕掛けを打ち返す必要がなく、ゆったりと釣ができた。


1時間経過。

いやーーな空気が流れ出す。。

周りでもほとんど釣れていない感じ。

ようやくウキに反応が出たのが4時過ぎくらい。
びゅーーーんっ、と電気ウキが入ります。
この瞬間がたまりません!

糸をはってみるとこんこんとした感触。
キタキタ!

しかしふっと軽くなり、ウキが浮いてきてします。
あれ??
糸を緩めると再度入りました!

もう一度糸を張ります。

こんこん!

ふわっ…。

またエサを離したようです。。

再び糸を緩めるが、もう一度ウキが沈むことはありませんでした…。。
仕掛けを回収するとごっそりキビナゴがとられていました。


アタリがあったのでテンションあがります。
仕掛けを打ち返し、しばらくすると2回目のアタリが!
ウキが入ってしばらく待ってから糸をはると、

コンコン!

まだ合わせません。

コンコン!コンコン!

まだ合わせません。

ぐぐぐっ!ぐいーーんっ!!

竿先をもって行かれるようなあたりがようやくでました!!!

グイッ!と大あわせ!

乗りました!!

やり取りはそんなにかからず、引き抜きます。

8ea22bb0.jpegようやくゲットです!指3本半くらいのなかなかのサイズです。
今年初のタチウオ!!







興奮して手元がくるい、次の仕掛けを投入するまでえらい時間が掛かってしまいました。。

その後はコンスタントにアタリがあって、
2本追加!!
6215dac6.jpeg









この日は日の出の時間になっても、東側が曇っていて薄暗く、
6時くらいまでアタリがありました。

完全に明るくなった6時半ころ納竿としました。


ウキが入ってからのやりとり、たまりませんねー。
タチウオの醍醐味を存分に味わって、今日はかなり満足の釣行でした!!!








  HOME   1  2  3  4 
PR
オリジナルグッズ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
爆釣の記録
最新コメント
[05/17 メガネ]
[05/16 林]
[05/03 megane]
[05/02 林]
[05/14 backlink service]
プロフィール
HN:
メガネ
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]