忍者ブログ
2017/06/26 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2012/05/14 (Mon)
釣りに行けないときはその悶々とする心を紛らわせるために、ウキを作る。

これ、釣りキチの末期的症状です。

ハイ、わたくし、末期です。

ここんところ毎週釣行しているにもかかわらず、
この状況ということは、もう末期を通り越しているのかと思われます。


僕の場合、釣りの際に、一番テンションが上がる瞬間は
ウキが海中へ引き込まれる時なんです。

魚がかかって重たい手ごたえ、グングンと魚信を感じながらのやりとり!も
もちろん好きなんですが、
あのウキが沈む際の「キタっ!!」っていう瞬間が
一番脳内物質が出ている気がします。

というわけで、ウキのトップは長ーーーいほうが好きなんですが、
市販のものではなかなか長いものがなく、
今使っている龍神っていうウキが結構長いんですが、
それでは満足できず、じゃあ自分で作ってしまえ、
となったわけでございます。

それがこれ。



全長約90センチ。

足が直径1.5mmのソリッドで、トップが1mm。
孔雀のハネを4本貼り合わせてます。

今日はこのながーーーーーいトップが海中に
引き込まれるのを見るのがメインの釣行です。



釣り場に着いてまずは浮力の調整から。

半自立のタイプがお気に入りなので、
足のところに糸おもりを巻いて調整します。

かなり細めに作ったつもりだったのに、
思ったより浮力が強くてかなり巻きました。

ようやく調整が完了して、いざ戦闘開始!

撒き餌を撒きますが、先週、先々週のように
開始早々からのアタリはありません。。

少し水温が下がったのか、今日はえらいシブい。

流れもほとんど流れず、いやーな雰囲気。。


1時間ほどは音沙汰なし…。

そして、、 記念すべき一発目のアタリが!

ふーーーっ っと入っていきます!

合わせようと思った瞬間、
ウキがリバースしたかのようにまた同じように
ふーーーっ っと戻ってきてしまいました。。

どうやらイカっぽい。

スーーっ! じゃなくて ふわっと入っていく感じ。

同じところに仕掛けを通すと同じように入りますが、のりません。
これは確実にイカだ。

なんとかかからないかなと思って根気よく同じラインに仕掛けを通しますが、
4回目くらいであたらなくなってしまい、それっきり。

うーーん、こりゃやばいな。

早々に切り上げて帰る釣り人が話しかけてきて、
(毎日早朝の1,2時間だけ来ているみたいだ。)
どうやらその人も1回もアタリなく終了したらしい。

はたして今日はこのウキが沈むところが見れるのだろうか。。


根気よく撒き餌を撒いていると、
潮が動き始めました。

よし、チャンスだ!と思ったその直後、 チョン! すっ! シュビビビィン!!
と入ります!

きたーー!!

ウキが細いので入り方がなんかスゴイ。

思いっきり合わせますが、
なんと素バリ。。

ようやく潮が動き出して食い出したので、
大丈夫、まだそこに居る。必ず次も食ってくるはず。

同じところに仕掛けを通すと、、

またもや入りました! 今度は見事針掛かり!!

ものすごい元気なハネがあがりました。

50センチ手前のサイズでしたが、すごく元気のある子でした。

はぁ、良かった。
やっぱり長ーーいトップが海中に引き込まれる瞬間はたまらない。


その後はすぐに潮が止まってしまい、
たまーに動き出したらアタる、
という感じでした。

52センチの良型が1本と、
ものすごい分厚いキビレ41センチが1枚。
セイゴちゃんが3匹(即リリース)。



アタリはけっこうあったのだが、素バリをかなりの数ひいてしまいました。
やっぱり長いウキは抵抗も大きく、 食い込みが悪いんかなぁ。

足のところに巻いた糸おもりがそのままなので
表面がつるつるになるようにコーティングしよう。






PR
2012/05/07 (Mon)
今週も行ってまいりました、エビ撒き。

今日もすこし風が吹いていて若干向かい風気味だが、
先週の暴風を経験しているのでこれくらいへっちゃら。

底撒きをぶちかまして4ヒロくらいからスタート!

と、開始早々1投目から、

スーーっ! とウキが入りました!!

流れの状況などみようと思ってとりあえず投げただけなのに、
いきなりアタリがでて、面食らってしまいました。
完全に油断していて、糸ふけがかなり出ていたときにアタリがでてしまい、
あせって糸ふけをとり、アワセを入れます。

スカっ!! 素バリでした…。

糸ふけをとるときってやっぱり魚にも振動が伝わってしまって
餌を吐き出すんでしょうか。

糸ふけを気にせずアワセたほうが良いのかも。


続いて、第2投目。

なんとまたもやウキが入ります!!

今度は見事針がかり!!!

なかなかのサイズでした。 といっても40センチ後半くらい。
最近ミニサイズばっかりだったので感覚がおかしくなってしまってて
それくらいのサイズでも大きく見えてしまいます。

しかし、なんと幸先よいんでしょうか。
1投目からくるって、もうその辺に魚がいたってことですよね。
釣り人が毎日同じ場所で同じ時間くらいに餌を撒くから
もう餌付されたコイのように待ちかまえてるんですかね。


その後、満潮の7時半くらいまで良くアタリ、
56センチの良型も釣れ、この時点でかなり満足。

しかし、その後横の風が強まり、流れが渦を巻き出し、 非常に釣りづらい状況に。
なんなら先週の暴風の時の方が、まだ流れが一定方向にゆっくり流れていたので釣りやすかったくらい。

アタリもパタリと止んでしまいました。

しばらくして流れも落ち着いてきたものの、あたりません…。

タナを上げたり下げたりするも反応なし。
うーんさっきまでの好調がうそみたい。
今日は大潮だったのですが、大潮の時ってこういうパターン多いような気がします。
激しい時合いがあってそれがすぎるとパタリとやんでしまうパターン。
逆に長潮のときはゆるりとした時合いがずっと続くパターン。
先週は確か長潮だったな。 長潮のパターンの方が好きです。


で、思い切ってタナをぐっと下げてみると、、

キビレ祭りスタート!!

ほぼ毎投あたるくらいにあたります。

素バリ、針外れも入れつつ、4枚釣りあげたところで 腕がパンパンに。
重量感あるキビレちゃんはシンドイ。

キビレがこれだけ食ってくるということはタナを上げれば
ハネもきそうなもんなので タナを上げてみます。

が、、反応なし。。

でももうキビレ祭りは堪能したのでそのまま根気よく撒き餌をしていると、
ポツポツとハネがあたります。
しかし、アタリは非常に渋く、前アタリのみでなかなか入らないアタリばっかり。
タモ入れのときにエビをかなり吐き出してたので、
もうおなかいっぱいやったんかな。

おなかいっぱいやけどエビが目の前に。
くわえてみたけども(前アタリ)、、

やっぱりやめとこ…

ってなってるような気がします。


そんなこんなで2本ほどハネを追加し、
最終ハネ(セイゴ含む)7本、キビレ5枚で終了ー!

ここ最近調子良すぎです。 まぁ釣れるときに釣っておかないとね!
DSC_0278.JPG





2012/04/30 (Mon)
またもや行ってきました、エビ撒き。
釣れる時に釣っておかないと。

今日は風が強い予報が出ていたのだが、
なんとかなるだろうとの楽観的読みで出動したわけなのだが、
いざ釣り場に着いてみると、東からの風が非常に強く吹いている。

太陽が昇ってくると南向きに変わるのが芦屋浜のいつものパターンなので、
それを読んで釣り開始。

風はものすごく強いが、潮は非常に安定していて、
仕掛けがなじむとウキがとピタッと水面に貼り付いたように安定する。

流れは風と逆方向に流れているので、ゆーーっくりウキが流れていく感じ。

仕掛けがなじんでくれさえすればなんとかなりそうだ。

風向きは真横からなのでなんとか仕掛けは投げ入れることができるが、
撒き餌が非常に飛ばし辛い…。
遠投もできず、投点がぜんぜん定まらない。


開始から30分ほどは音沙汰なしで今日は厳しいなぁ…と思っていると、

すーー っとウキが入って行きました!!
最近のアベレージサイズ、40cm手前のセイゴちゃんゲット。


これを皮切りに、連チャンモードに突入ーー!!

風で投点がずれようが、アタル。

撒き餌が撒きにくいから当分撒かなくても、アタル。

毎投、アタル。


しばらくそんな状況が続くが、8時半ころパタッとアタリが途絶えてしまいました。

タナを少し上げてみる。

が、あたらない。。

「魚が浮いてくる」、と良く聞くが、僕の場合、タナを上げてあたったことがほとんどない。

じゃあ、下げてみる。

すると、、

またもや連チャンモードに突入ーー!!

仕掛けがなじむとすぐにアタル。

面白いほどアタル。

風はおさまるどころか、強まる一方で、しかも若干向かい風気味に…。
あぁ、風がなければこの状況、めちゃくちゃ楽しいのに。


10時ころにはまたアタリが途絶え、タナを変えてみるが今度は反応なし。。
風は暴風と呼んでよいくらい強くなってきたし、もうすでに2桁達成していたので
もう帰ろうか、と思ったが、

風がおさまるのを期待して撒き餌をセーブしつつ釣っていたこともあって、
エビがかなり残っている。

うーん、続行。よっぽど釣りが好きなんやなと自分でも呆れてしまいました。

その後はエビをドカ撒きするとポツポツと釣れる感じで、
さらに釣果を伸ばし、
最終はなんと16本ゲット!!
DSC_0251.JPG
自己最高記録です。

あー楽しかった。

あ、そうそう、釣りあげた魚がなにやら茶色いものを吐き出してました。
どうやらバチ抜けが始まっているみたいです。

こんな良い思いができるのももうしばらく、といったところでしょうか…。





2012/04/23 (Mon)
“荒れ後は良く釣れる”

釣り人の間ではよく言われることだ。


前日の日曜日はけっこう荒れ模様(実際大阪ではそうでもなかったのだが)だったので、
月曜日、爆釣に違いない。

だが午前中まで雨との予報。

うーーん。。雨あがってくれないかなぁ…

日曜の夜からtenki.jpの「雨雲の動き」とにらめっこ。
満潮は7時半ころなので、その少し前には竿を出したい。


7時、8時ころまでは少し雨が残る予報だったが、
だいたい予報ってすこしオーバーにでてることが多いので
もうその頃にはあがっているだろうと読み、
いつもより少しだけ遅めの4時半ころ出動!

家を出ようとするとざーーっ!とけっこうな勢いで降り出した。。

でも家から釣り場はだいぶ西にあるので、移動しているうちに晴れるに違いない。
そう信じて車を走らせる。

しばらくすると予想的中!やんできた!


餌屋さんに寄って釣り場には6時ころ到着すると
すっかり雨はあがってました!
予想的中、的中!!

風も止み、流れはゆーーっくり流れている。
もういかにも釣れそうな雰囲気。

撒き餌をし、仕掛けを入れる。
第一投目からアタリ!

…とそこまでうまくはいきませんでした。。



がしかし、3投目くらいで、

ウキがコツン!!

きたー!!

きっつい前アタリが出たものの、その後なかなか入らず、
もぞもぞとしながらゆっーくり入って行きました!

ブン!と合わせを入れると乗りました。

が、重量感はなく、40センチ手前くらいのセイゴでした。

最近はこんなのばっかり。


その後、風向きが変わり、向かい風に。

うーーむ、釣りにくい…。

道糸が風に押されて竿先にからみつく…。

そんな事とは裏腹に、お魚は入れ食いタイムに突入ーー!!


仕掛けがなじんだらすぐにアタる。
おもしろいくらいにアタる。

そんな勢いに乗りかけていた矢先、

ブン!とアワセをいれると、



パッチンッッ!



??!



竿先に糸が絡んでいたままアワセをいれてしまい、
なんと竿先が折れてしまいました。。
DAIWAのHANE TRIAL、ご臨終ー。。

すっかり出鼻をくじかれてしまいました。




がしかし、このままでは終わらないー!
こんなこともあろうかと、常に予備の竿を持ってきているのです!!

DAIWA うず潮 CHINU に交代!

急いで仕掛けを作りなおします。


ハネちゃんまだその辺にいてておくれ

はやる気持ちを抑え、仕掛けを確実に結び、撒き餌をし、仕掛けを投入すると…


コツン!!


おおー!まだその辺で遊んでいてくれたのね、ハネちゃん!



8時過ぎくらいにはラッシュが終わり、
その後はポツポツと。


最終11本ゲットで終了です!
いろいろと予想的中の釣行でした。

DSC_0245.JPG


雨の後すぐ、というのは今までの経験からしても良い日が多いです。

雨が降ってから半日とか1日経ってしまうと川から真水が流れ込み、水潮になってしまって

釣りにくいことが多いので、すぐ、というのがミソなんですよね。

そんなタイミング良く釣りに行けることはなかなか難しいですよね。

魚って海の底にいてるわけなんで雨とかあんまり関係ないと思うんですが、

低気圧とか気圧の変化を体で感じているんですかね?

それとも雨が流れ込んで海の中の水にも変化が起きるんでしょうか。

うーむ、わからん。



あ、竿先が折れたとき、竿は折れてもお魚は掛ったままだったので、
糸をたぐりよせて漁師のようにとりこみました。

竿の修理行かねば。



















 
2012/04/17 (Tue)
今日も先週に引き続き、いろーんなアタリが見れました。

活性が低かったのか、アタリは渋いものばかりで、
でも渋いがゆえにウキが大変面白い動きをしたものもあって、ひじょーに楽しかったです。


<もぞっ、もぞっ、チョン!! もぞっ… もぞ… スーっ!>
前アタリの前に、もぞもぞする前々アタリ!
ハネが途中で「あっ、前アタリ出すの忘れてた!」って思ったんですかねw
そしてなかなか入らないものの、
最後はすーーっときれいに入って行ったので、
「結局は入るのかよっ!」って突っ込みたくなりました。


<前アタリなく、 スーっ! ピタっ  ・・・  スーっ!>
あやうく最初のスーっ!でアワセかけましたが、なんとか踏ん張って
2回目のスーっ!でアワセ、見事針掛かり。
僕のご自慢の龍神ウキの長ーーいトップが見事に途中で止まるアタリを検知してくれました。
針は飲み込まれてるかなぁと思いましたが、飲まれるどころか皮一枚で掛ってました。


その他はきっつい前アタリがあったのにその後は入らない、とか

前アタリなくゆーーくり入っていくアタリとか。

電光石火のごとくウキが消えるようなアタリはありませんでした。

あれは心臓に悪い…。



もちろんお手本のような チョン!  すーーっ! も2回ほどあって、
釣果の方もそこそこ上がり、今日は大変満足でした!

DSC_0239.JPG





 
  HOME   1  2  3  4  5  6  7  8 
PR
オリジナルグッズ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
爆釣の記録
最新コメント
[05/17 メガネ]
[05/16 林]
[05/03 megane]
[05/02 林]
[05/14 backlink service]
プロフィール
HN:
メガネ
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]