忍者ブログ
2017/06/26 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2014/01/05 (Sun)
【長らく放置状態だったため、さかのぼってまとめ書きしています】

この日は初釣り。

毎年、M師匠から「初釣りはケーソン行くで」とお誘いがあるのですが、
なかなか都合が合わず、これまではご一緒できていなかったのですが、
今年はFさんと3人で行ってきました。

朝から気温がすごく下がっていて震え上がる状況。
水温もかなり下がっていたのか、なかなかアタリも出ず、
タナを下げて下げての釣り。

それでも隣のFさんは何本か上げてはります。

日が昇り、もうダメかと諦めモードで最後のドカ撒きをすると…




粘りに粘ってようやく1本ゲット。
年明け早々ボウズを食らわずにすみました…。ほっ。




PR
2013/07/04 (Thu)
久しぶりにエビ撒きに行って来ました。
いつものごとく、南芦屋浜。

今日は天気が悪いという予報が出ていたんですが、
9時頃までは曇り、それ以降でも降水量は0mm。
風は東よりの風で1m~3m。
雨は降ったとしても小雨程度だろうとの希望的観測により、

「ピーカンでめまいがするほど暑いよりはマシ」

という考えでの釣行でした。


がしかし!
現場に着いてみると、南西からの風がものすごく強くて、
しかも大粒の雨が降りだした!!

オイ!天気予報!全部間違っとるがな!


とまぁ天気には裏切られたのですが、
海の状況はなかなか良く、
開始早々アタリが連発します。

波が高かったので前アタリはよくわからなかったのですが、
ウキに反応があって、その直後にトップまで完全に消しこむアタリ。
↓こんな感じ。


こんなに勢い良く入ってものらない…。

すぐに打ち返すと同じようにまたスッコーーン!と入るも
のらない…。。

ウキが見えなくなって3カウントほど待ってからあわせても
のらない…。。。

こんなことを何度も繰り返したのち、
ようやく犯人を確保。


手のひらサイズのチヌ。

あと15センチくらいのミニセイゴも確保。

こんなんが目の前にい~っぱい居てる。。


まぁウキがうんともすんとも言わないよりは楽しいので、
しばらくミニちゃんと遊んでいると、

たまーに40センチくらいのレギュラーサイズがかかるという状況。
このサイズがかかるとものすごーく有りがたく感じるのだから、
ミニちゃんに感謝しないといけない。
人間、普段から贅沢はしたらダメです。

そしてこんな珍客も。


アコウ?ですかね。
初めて釣りました。


ミニちゃんの猛攻はその後も続き、
たまーにレギュラーサイズがかかるという状況がしばらく続きました。

9時半頃にようやくミニちゃんはどこかにいってくれたようですが、
アタリもパタリと止んでしまいます。

で、そろそろ重役出勤の時間かな、と思い、
タナを少し下げて、底撒きをぶちかまし、打ち返します。

しばらくすると、

ウキがじわじわと入っていきます。

あわせると、

ゴツ!!! とした手応えと同時にドラグがジリっ!

このあわせた瞬間にドラグが鳴るの、たまりませんなぁ。

明らかにいままでのとは重量感が違います。

おまけに今の時期の魚は元気モリモリで暴れまくってくれます。

サイズを期待しますが、浮いてきた魚はぜんぜんデカくはありませんでした…。
ミニちゃんのオンパレードで感覚が低くなっていたようです。

でもまぁまぁのサイズで、58センチ。


ウキが消しこむのも散々見れたし、
魚の引きも十分堪能でき、満足満足。

そろそろ帰ろうかと残りのエビをドカ撒きして
仕掛けを打ち返していると、

電光石火のごとくウキが消しこみました!!

↓その決定的瞬間をカメラに収めることができました!


またもやミニちゃんかと思いきや、手応え十分、
レギュラーサイズのハネが上がりました!

あーこれで満腹。完食。ものすごい美味しいデザートまでいただいた感じ。

エビはまだもう少し残ってましたがこれにて納竿!!



こんなに後味よく終われた釣りは珍しいな。
雨と風さえなければもっと気分良かったんだけどなぁー。









2013/05/26 (Sun)
本日は珍しく、南芦屋浜、西側石畳です。

フカセで西側はよく行くのですが、
エビ撒きでは初めての釣りになります。

東側石畳ではよく釣果が出ているのを聞くのですが、
西側の情報はほとんどあがってきません。
なぜなんでしょうか?

同じような条件だと思いますし、
フカセでやってるとたまにハネが掛かることがあるので、
魚がいないはずはないんですよね。

さて、この判断が吉と出るか、凶とでるか…。


釣り場についたのは若干早めで日の出前。
電気ウキでスタートします。


撒けども、撒けども、アタリは出ません…。

西側だったらエサ盗りのアタリくらいはあるだろうと思っていたんですが、
そのアタリすらもなく…、、

嫌な予感が頭をよぎります。

やっぱりいつも通り、南面や東面に行っとけばよかったかな…。

あまりにもアタリがないので、
竿一本分くらい先のすぐ近くに、
小魚でも遊んでくれないかな~ なんて思いながら仕掛けを流します。

すると、ウキがモゾモゾ!

おっ!?

しばらく見ていると
ピクンピクン!

でも入っていくことはありません。

えいやぁ!と合わせると、
ハゼどんが掛かりましたw。

作戦成功ー(^_^;)


そんなことしにきたんじゃない、と我に返り、
仕掛けを打ち返します。

そろそろ満潮かな、という頃合いになってきましたので、
ココで釣らなきゃいつ釣るの!
とばかりにエビをたんまりと投下します。

すると…

モゾ! モゾ! モゾ!

っとウキが入って行きました!

トップが入りきったくらいであわせを入れます!!

スカっ!!!


素バリを引いてしまいました…。

がしかし、やっとのことでアタリが出だしてテンションが上がります。

続けて撒き餌を放り込み、しばらく打ち返していると、
ずいーー、っとウキが入っていきます!

あわせを入れると
ガツ! っと重たい手応え!!

今度は掛かりました。

ぐっと浮かせにかかると、魚が一気に浮上&エラ洗い!!

顔を拝ませていただくと、、

黒い! (チヌではないですよ)
そしてデカい!!

その後、一気に魚が潜り、
今度は底を這うようにズズズーっと引きます。

慎重に慎重にやり取りをし、
ようやく浮かせると、魚は一気にやる気をなくしたのか、
ぐたぁ~っ水面に横たわって抵抗を辞めてしまいました。

難なくタモ入れ成功し、
メジャーで測ってみると…

64センチ?!

あれ?もう少しでかいと思ったけども…。。

いつものレギュラーサイズのハネのあの銀ピカな感じではなく、
黒っぽくて頭がデッカイその風貌に、すっかり70アップかと思っていましたが、
あら残念。。



でも、ボウズが頭をよぎった後だったし、
60アップの良型も上がってホッと一安心。

今が時合、とばかりにエビを投入。

するとすぐにまたアタリがありますが、
のりません…。
食いが渋い…。

ようやくのことで掛けることができ、
かなり時間をかけて上げたのは、52センチのこれまた良型。
引きはこの魚の方がさっきより元気で、かなり暴れてくれました。




この調子でじゃんじゃん釣ったるで、と意気込みますが、
アタリがパタリと止んでしまします。

いつものパターン。

だいたい7時~8時くらいに一回目の時合が来て、
その後小休止、
10時半~11時くらいにかけて再度時合が来るのが芦屋浜でのパターンです。


撒き餌をセーブしつつ、次の時合を待ちます。

10時半くらいになったとき、
そろそろかな、とおもい、再度エビをドカ撒き。

すると、

ずいっ、ずいっ! とウキが入ります!!

ハネは裏切りません。今日も時間ピッタリにやってきてくれましたw。


あわせを入れますが、またもや素バリ…!
今日はとことん食いが渋い。


まだその辺に魚はいるはず。
同じアタリに仕掛けを流すと、

ずいーーっ と入って行きました!

でもまだあわせません。

ウキのトップが入りきってしばらく経ってから、ようやくあわせを入れます!

ガッツーン!とした手応え!

そして底を這うような引き!

またこれはデカイんじゃないか、と慎重にやり取りをし、
無事に上がってきたのはまたもや60アップの良型!
62~3センチはありました。



1日に60アップを2本も上げたのは初めてです。


この時点でかなり満足でしたが、まだ魚の気配があったので、
残りのエビを撒き、仕掛けを流すと、
またもや入りました!

今度もかなりの重量感。

これもデカイんじゃないか、と思った瞬間、
ぐぐぐっと潜っていき、慌てて糸を出しますが、、

ふっ… と軽くなってしまいました。

バラし。。

仕掛けを回収すると、針を伸ばされてました…。
今日は食いが渋かったので、途中から、細めの小さい針に取り替えていたのです。

ああ、悔やまれる。


その後、大物の気配がプンプンするなか、
撒き餌が底を尽き、挿し餌だけで流しますが、アタリはなく、納竿。

最後は悔しい思いをしましたが、
初めての場所で、上がった3本は全て良型だったので満足満足!

今度からは東風が強い時は躊躇せず西側に来ることにしよっと!








2013/05/10 (Fri)
わたくし、

酒もタバコもやりません。

ギャンブルも女もやりません。

…ただ、エビだけはやめられません(;´∀`)


ということで、またもや行って来ました。エビ撒き。

水温もようやく上がりだして、ここらでいっちょ釣っとかないと!
と思い、エビをしこたま仕入れて出陣して来ました。


かなり気合入れて行ったのは良かったのですが、

開始早々、水面をチョロチョロと泳ぐ嫌なものを発見してしまいました…。

茶色くて細長いミミズみたいなのが優雅に泳いでるんです。

バチ抜け…。。

夕方から夜にかけて抜けるというふうに聞いていた気がするのですが、
朝っぱらから泳いでるの見たのは初めてでした。

毎年バチが抜けだすとめっきりハネの食いが落ちます。


予想通り、仕掛けを流せど流せど、アタリは出ません。。

こりゃぁ今日はダメかな、、orz。


半分諦めモードになっていましたが、
こまめにエビを撒いていると、

ちょうど満潮を過ぎた頃、待望のアタリが出始めます!!

ただ、どれもこれも渋~いアタリばかり。

コツッっと前アタリのみ、、とか、

誘って誘って、ようやく入る、とか、

フワフワ~っと入っていって合わせても乗らない、とか。
(これはイカのアタリかもしれませんけどね)


その時の様子をカメラに収めました。
※HD画質で撮影しましたので、PCにてHD画質に切り替えてフルスクリーンでご覧ください。
細か~い前アタリなども確認できます。


なんとか3本くらいは獲ることができましたが、
満潮から遠のくとアタリも遠のき、たま~に渋いアタリがある感じで時間が流れます。


11時頃、
今まで時合いという時合いもなかったし、今日はエビを大量に仕入れてきているので、
まだかなりエビが残ってます。

雨がポツポツ降り出したので、ここらでドカ撒きして帰ろうとおもい、
底撒き器にめいいっぱいエビを入れて、2発ほど爆弾投下!!


すると…


入れ食いタイムに突入ーーー!!

さっきまでの渋さが嘘のように、アタルアタル。

ウキがシュビィーン!!と斜めに入ったり、
仕掛けが馴染むとすぐにアタリが出たり。

投点が撒き餌ポイントからちょっとくらいずれてもアタルアタル。


あれよあれよという間に2ケタ突破してしまいました!


今年初の2ケタ突破です。
最後にあれだけアタルとかなり気分よく納竿できました(^o^)丿







2013/04/28 (Sun)
「ハナミズキの咲く頃がエビ撒きの最盛期」

という言葉をエビ撒きの師匠からよく聞いていたのですが、

僕はハナミズキとはどういう花なのか知らないので、
「ハネがよく釣れ出したらハナミズキという花が咲き誇っているんだろうな」
と思いを馳せるのでありますw。


ということで、そろそろエビ撒きも最盛期となり、
ここらでいっちょ動画でも撮影しようかと
重たいカメラと三脚を背負い、出撃して来ました。

暗いうちから電気ウキではじめ、
そろそろ明るくなり始めたので、カメラをセッティングして
テストで回し始めてたら

いきなり…!

コンッ!!!!

そのまま入って行きました!!

慌てふためき、糸ふけを取って、かなり遅アワセになりながらも
無事にゲット!!

型は小さいですがいきなりカメラに収めることができてご満悦!

それからアタリラッシュタイムに突入しました!

前アタリなくそのまま入っていくアタリや、
お手本のような「チョン!スゥ~」、
誘いを入れた直後のアタリ、
コツッ!!ときっつい前アタリの後、焦らされて焦らされてようやく本アタリが出たものなど、
バリエーション豊かなものになってます。

その一部始終をとくとご覧あれ!



※HD画質で撮影しましたので、PCにてHD画質に切り替えてフルスクリーンでご覧ください。
細か~い前アタリなども確認できます。

カメラに収めることができたのがこの6アタリ、5本ゲットでしたが、
最終は8本ゲットの大変満足のいく釣果となりました!!



こんな季節が一年中続いてくれればいいのになぁ。





  HOME   1  2  3  4  5  6  7  8 
PR
オリジナルグッズ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
爆釣の記録
最新コメント
[05/17 メガネ]
[05/16 林]
[05/03 megane]
[05/02 林]
[05/14 backlink service]
プロフィール
HN:
メガネ
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]